「今日の民生」

2001/11/5


今日も民生絶好調。

授業中、とつぜんこんなことを語りだす。

民:『相対性理論では光より速い物質は無いと言いますが、
   化学反応はそれよりも速いそうです。』

…と、カタコトの日本語で。

そして、こんなものを黒板に書き出した。

   H2 + O = H2O

煤i ̄∇ ̄;)!!
センセ、OはO2って表記しないとダメですって。
それ以前に、イコールで結んじゃ絶対にダメですって(汗
イコールで結ぶ時は Q[kJ] とかつけないとダメです。

(正しい化学反応式… 2H2 + O2 → 2H2O)

みんなが一生懸命「に えいち つー ぷらす おー つー 矢印 …」
とか言ってるのに、やはり民生、リスニング能力はきわめて低い。
いろいろと書き直した結果、これで落ち着く↓

   2H + O = H2O

…さらに悪化してるし(汗
ますますポテンシャルエネルギー高くなってますぜ、センセ(汗

ちなみに、下図を参照にしていただければありがたい。

ポテンシャル
エネルギー

  
  ↑
  ├―――――2H(気) + O(気) ←結局民生が書いたもの
  | |
  | 437kJ
  | |
  | ↓
  ├―――――H2(気) + O(気) ←最初に民生が書いたもの
  | 248kJ
  | ↓
  ├―――――H2(気) + 1/2 O2(気) ←本来書くべきもの
  | |
  | 286kJ
  | ↓
  ├―――――H2O(液)
  低

…おわかりいただけたでしょうか。

それでも違うと生徒に指摘されるが、先生はもう疲れてそれを無視。
そして、また意味不明な説明をしだす。

民:『この反応が終わる間に光は30cmしか進まない。』

…それってそれって・・・・・・いや、多くを語るまい。
彼があまりにも可哀相になってきた(汗


それにしても、彼の頃の試験の詳しい制度はわからないが、
H橋大は国立であって、化学の試験くらいちょっとはあったと思われる。
彼はそれをどうやってパスしたのか…

まぁ、それは年を追うごとに忘れるものとしても、
どうして国語の試験をちゃんとパスしたかがどうしてもわからない。


そう、そんな彼について、お隣の、彼が担任である某N組の子から
こんな情報が・・。

1、授業中、「りぴーとあふたーみ」(Repeat after me.)を
  「りぴーとあふたぬーん」(Repeat afternoon.)とのたまった。

2、避難訓練の際、『ホコリを吸わないようにハンカチで口を押さえましょう』
  と言っていた。…ホコリじゃなくて煙だって(汗

うーん、ツッコミどころに溢れている先生だ。