「今日の民生」

2001/10/22


彼のおかげで私は最近英語の授業を真面目に受けている。
もう、ネタを一つでも漏らさないように必死だ。
しかし、それによって英語の能力が上がったかどうかは定かではない。


さて、今日の民生氏、いろいろと自白(自爆?)してました。

教材で、読み方が謎な固有名詞が出てきて、皆困ってしまいました。
民生ちゃんもわからないようで、少々困惑気味。

民:『私が10年くらい前に郡山市図書館に「固有名詞発音図鑑」を
   買ってもらいましたから、調べてみてください。』

…恐るべし、民生。

読み進めていくと、boneという単語が登場。

  bear bore bone

と黒板に書き、例文も書く。その訳、

民:『私は11月に生きさせられた。』

ちなみに、普通の健全な脳みそを持った人は、
『私は11月に生まれた』と訳します。


またしばらく読み進めていくと、
何故そういう話題になったかは定かではないが、

民:『昔は商業高校は求人がすごくあって、ここだけの話
   高級な松坂牛を送ってこられた時もある。でも、決めるのは生徒なので
   そこを選ばなくて文句を言われたこともある。・・・・・・』

爆弾発言です、うん。
そこからどう話が飛んだのか、

民:『これからはモンゴルがいいと思います。
   農業をやって、牧畜をして、そこのひとを助ける。』

ってか、先生が逝って下さい(汗


また読み進めていくと、被告があーだこーだという記述があり、
彼はそれについて以下のように説明。

民:『たとえば、「100万円盗みました・・(謎な間)・・ね」と言われるのが
   被告。』


やっぱり彼の云わんとしていることは、毎回わからない。
そんな授業は、また続く。